不動産賃貸
スポンサードリンク

2007年04月18日

賃貸=お引越し?!=荷造り?!

そんな訳で少し荷造りのコツ!
片っ端からダンボールに詰め込んでいくと、荷造りは早くできても引越後の荷ほどきが大変になります。
今の荷物をそのまま新居に運び込むのではなく、不要なものは思い切って捨てることも必要。
それには「持って行く物リスト」が役に立ちます。リスト作りは、部屋(用途)ごとの項目から始めましょう。

◆リビング、台所、バス、トイレ、ベランダなどの項目を作る
項目ごとに持って行く物を書き込んでいきます。
例えば、台所にはナベが3つ、フライパンが2つなど。
この時部屋の広さや収納場所なども考えながら、捨てる物と持って行く物の選別をしましょう。


◆項目ごとにダンボールに詰める
リビングは1番、台所は2番など、ダンボールに番号をつけて分類していくと、運び込んだ時に、その場所の近くに置けるので荷ほどきが楽になります。

◆荷造りの注意
[ワレモノ]
・ひとつずつ紙で包む。
・お皿などは立てて入れた方が割れにくい。
・重いものを下に、軽いものを上に。
・ダンボールに『われもの』と書いておく。

[家具]
・組立式の物は、分解しておく。
・引き出しの中はカラにしておく。
・引き出しや扉などはガムテープでとめると、材質がはがれたりすることがあるのでヒモでしばる。

[本]
・大きなダンボールにまとめて入れると、重くなるので小さなダンボールに入れるか、ヒモでしばっておく。

[冷蔵庫]
・中の物はすべて出しておく。
・下の受け皿にたまった水を捨てる。
・コードやアースはガムテープなどで脇にとめる。

[洗濯機]
・洗濯機の中に水が残っていることがあるので、傾けて中の水を抜く。
・ホース、コード、アースなどはガムテープで脇にとめる。

[テレビ・ステレオなどの電化製品]
・リモコンやコードなどは、小袋に入れるなどしてひとつにまとめておく。
・傷や衝撃から守るために、古い毛布などでくるんで運ぶ。

新居で片付けやすく荷造りすれば速く家も片付きますよね?!
posted by 不動産賃貸 at 11:17 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3765169

この記事へのトラックバック